• リフォーム
  • ご相談の流れ
  • 施工事例
  • お問合せ
  • お見積

キッチンリフォーム

キッチンではダイニングやリビングとどう繋がっているかで調理のスタイルやくつろぎ方が大きく変わります。
家族みんなが集まる空間だからこそ、機器選びだけでなくレイアウトやスタイルもじっくり検討してファミリーにぴったりのキッチンにしましょう。 キッチン

お客様のご希望のコミュニケーションスタイルに合わせてキッチンをレイアウトできます。

システムキッチンは優れたデザインと高品質な上にリーズナブルな価格となっております。 当社お勧めのキッチンリフォームです。 
お客様のご要望をお聞きして、最適なキッチンをご提案いたします。

キッチンレイアウトについて

キッチンはレイアウトによって
I型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型の4タイプに分かれます。

I型

冷蔵庫からシンク、コンロを一列に配置。直線的な作業導線でシンプルなレイアウトです。狭いキッチンにお勧めのレイアウトです。
I型対面キッチン
I型オープンキッチン

対面キッチンⅠ型対面キッチン

オープンキッチンⅠ型オープンキッチン

Ⅱ型

作業カウンターを2列に配置。作業導線が短くなります。収納や作業場を広くとれますが広いスペースが必要になります。

L型

コーナーを活かして作業カウンターをL字型に配置。作業しやすい人気のレイアウトです。導線もスムーズですがコーナー奥がデッドスペースになりやすいので注意が必要です。
L型対面キッチンL型対面キッチン

U型

ワークトップをU型に配置。作業スペースの長さを確保しやすいレイアウトです。

アイランド型

キッチンの一部を島のように配置させたレイアウト。 広いスペースが必要ですが多人数での作業に向いています。

キッチン設備を決めるときの注意点

料理しやすい高さか?収納はしまいやすく取り出しやすいかなどの使い勝手を考える。
キッチン設備の値段はキャビネット扉材やワークトップの材質のちがいで大きく変わってきます。

使いやすいキッチンとは?

ワークトップの高さは
身長÷2+5cmとされていますがシステムキッチンの高さは平均85cm。
しかし、人によって最適な作業高さは違ってきます。
メーカーによって高さの種類があり高さを変えられる商品もあります。実際のショールームでご覧になって最適な高さを調べることをお勧めします。

奥行きは通常65cmですが、人によって使いづらいなどの不満の原因になります。

キッチンは調理のための道具、だからこそ使いやすくお手入れのしやすい安心して使用できることが求められています。

傷に強くてお手入れ簡単を実現したステンレストップ

大きな鍋も楽に洗える使いやすいシンク

お掃除のしやすいガラストップコンロ

 

 

フリーダイアルは0120-143-502

ページトップへ△


Copyright © 2009-2012 セントラル産業